ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00、2日に1回更新。

藤井システムでは、なぜ高美濃囲いの形にするのか?【藤井システムVS居飛車穴熊】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20191110144323p:plain

本記事は藤井システム研究です。

 

 

先手藤井システム

後手居飛車穴熊の対局です。

f:id:mayaobird:20191110143914g:plain

先手は、美濃囲いの形のまま攻めていきます。

藤井システムでは、高美濃囲いの形で、攻めることが多いですね。

 

 

ではなぜ高美濃囲いの形で、

藤井システムは指されるのでしょうか…?

 

 

それを理解するために、

その後の展開を見ていきます。

f:id:mayaobird:20191110143944g:plain

後手△2四角からの△4六角を許してしまっては、

先手の1九の香車が危ういですね。

 

この香車を取られるのは、

藤井システムにとってはかなりの痛手です。

 

よって、先手は▲3七金打で受けますが、

ここで、金を使ってしまっては、先手が攻めるのは難しいですね。

 

この展開は後手有利です。

 

 

今回のポイントは…、

藤井システムの弱点は△4六角で、1九の香車が狙われること!

②△4六角を阻止するために、先手は高美濃囲いの形にしておこう!

です!

 

 

以下は棋譜です。

参考にどうぞ!↓
▲7六歩 △8四歩 ▲6六歩 △3四歩 ▲6八飛 △6二銀
▲3八銀 △5四歩 ▲7八銀 △5三銀 ▲6七銀 △5二金右
▲1六歩 △4四歩 ▲5八金左 △4二玉 ▲4六歩 △3二玉
▲3六歩 △4三金 ▲3七桂 △3三角 ▲4五歩 △2二玉
▲1五歩 △1二香 ▲5六銀 △1一玉 ▲2五桂 △2四角
▲6五歩 △2二銀 ▲1四歩 △同 歩 ▲6四歩 △同 歩
▲4四歩 △同 金 ▲1三歩 △同 桂 ▲同桂成 △同 香
▲2五桂 △3二金 ▲1三桂成 △同 銀 ▲4五銀 △4三歩
▲4四銀 △同 歩 ▲2六香 △4六角 ▲3七金 △5五角
▲同 角 △同 歩 ▲4六金 △2二銀打 ▲3五歩 △2八角
▲3七角 △同角成 ▲同 銀 △3五歩 ▲5五金 △3六歩
▲4八銀 △9五角 ▲8六角 △同 角 ▲同 歩 △5六歩
▲同 金 △2一桂

 

 

今回は以上!