ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00と17:00に毎日更新。

右四間飛車超急戦!玉の早逃げが悪手?【ノーマル四間飛車VS右四間飛車】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190818152215p:plain

 

 

本記事は四間飛車対策です。 

f:id:mayaobird:20190818152228g:plain

後手は囲わずに、四間飛車の攻めを始めようとしています。

対する先手は、次にどのような手を指すべきでしょうか…?

 

 

まずは、▲4八玉の展開を見てみましょう!

f:id:mayaobird:20190818152247g:plain

 玉を戦場から遠ざけるのは、将棋においては基本ですが、

この場合は疑問手のようです。

 

後手の攻めが成功して、

馬をつくられてしまいましたね。

 

▲4八玉の展開では、後手有利です。

 

以下は棋譜です。
▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀 ▲6八銀 △6四歩
▲6七銀 △6三銀 ▲6八飛 △5四銀 ▲5六銀 △6二飛
▲4八玉 △6五歩 ▲同 歩 △8八角成 ▲同 飛 △6五銀
▲6八飛 △5六銀 ▲6二飛成 △同 玉 ▲5六歩 △6六角
▲3八玉 △9九角成

 

 

では、▲4八玉ではなく、▲7七角の展開を見てみましょう!

f:id:mayaobird:20190818152320g:plain

 この場合は▲8八飛とする必要はなくなるので、

先手は、しっかりと飛車で6筋を守れています。

 

また、▲7七桂で、6筋の守りを強化していて、

桂馬の活用も上手くいっています。

 

この展開は、後手の攻めが成立せず、

先手有利です。

 

以下は棋譜です。
▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀 ▲6八銀 △6四歩
▲6七銀 △6三銀 ▲6八飛 △5四銀 ▲5六銀 △6二飛
▲7七角 △6五歩 ▲同 歩 △7七角成 ▲同 桂

 

今回のポイントは…、

①右四間飛車の超急戦!▲7七角の大切さ!

②6筋(4筋)の飛車の利きが受けにおいて、めっちゃ大事!

です!

 

 

今回は以上!