ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00、2日に1回更新。

大駒をさばくテクニック!【引き角戦法VSノーマル四間飛車】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190609154825p:plain

本記事は引き角戦法対策です。

 

 

先手引き角戦法&舟囲い

後手ノーマル四間飛車&高美濃囲いです。

f:id:mayaobird:20190609154424g:plain

後手△6五歩に対して、先手は▲7七銀とします。

△6五歩▲同銀では、後手が歩を持ったときに、

△6四歩打で、先手の銀が捕まってしまいます。

なので、先手は▲7七銀としました。

 

 

では、先手▲3七桂の局面、

後手には、技がかけられる一手があります。

それはどんな手でしょうか…?

 

 

 

3四銀!

f:id:mayaobird:20190609154946p:plain

一見、銀を捨てているような一手ですが、

これにはどんな意味があるのでしょうか…?

 

 

では、その後の展開を見ていきます。

f:id:mayaobird:20190609155000g:plain

△7七角成で、飛車角交換ができます。

 

 

駒がさばけて、後手有利です。

 

 

今回のポイントは…、

①6六銀型には、△6五歩が好手

②対引き角!角成りで、飛車をぶち抜く一手を考えよう

です!

 

 

以下は棋譜です。

参考にどうぞ!↓
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲2五歩 △3三角
▲4八銀 △4二飛 ▲5八金右 △7二銀 ▲6八玉 △9四歩
▲9六歩 △6二玉 ▲7八玉 △7一玉 ▲6八銀 △8二玉
▲3六歩 △3二銀 ▲3七銀 △4三銀 ▲7七銀 △5二金左
▲6六銀 △5四歩 ▲5六歩 △6四歩 ▲1六歩 △6三金
▲7九角 △2二飛 ▲2六銀 △1四歩 ▲3五歩 △4五歩
▲3四歩 △同 銀 ▲3五銀 △同 銀 ▲同 角 △3四歩
▲7九角 △6五歩 ▲7七銀 △5五歩 ▲3八飛 △5六歩
▲3四飛 △4三銀 ▲3五飛 △3二飛 ▲3七桂 △3四銀
▲同 飛 △7七角成 ▲同 桂 △3四飛 ▲3五歩 △7四飛

 

 

今回は以上!