ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00、2日に1回更新。

相振り飛車は難解だが面白い…!【四間飛車VS四間飛車】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190602141052p:plain

本記事は振り飛車研究です!

 

 

互いに四間飛車ですね。

f:id:mayaobird:20190602140614g:plain

後手が2筋に飛車を移動させて、

飛車先の歩を交換してきました。

 

 

後手は、次に7六の歩を拾うことができます。

では、今回は△7六飛の展開を見てみましょう!

f:id:mayaobird:20190602140724g:plain

△7六飛▲6七銀で、後手は△7四飛とするしかありません。

これは、後手の飛車が狭くて危ないです。

 

 

なので、後手は飛車の横利きを活かせるような指し方をする必要がありますね。

 

 

対する先手のポイントは▲6七金で、

この金で桂馬にヒモをつけたり、

▲6八歩打で、後手の馬の利きを遮断して、左金を活躍させます。

 

 

この展開は互角ですね。

 

 

今回のポイントは…、

①△7六飛で歩を取れば、後手の飛車が狭く、少し危ない。

②後手は飛車の横利きを意識して、先手は左金を活かす。

です!

 

 

以下は棋譜です。

参考にどうぞ!↓
▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △3二銀 ▲6八飛 △4四歩
▲4八玉 △4三銀 ▲6五歩 △3三角 ▲6四歩 △同 歩
▲同 飛 △5四銀 ▲9六歩 △6三歩 ▲6八飛 △2二飛
▲3八銀 △2四歩 ▲3九玉 △2五歩 ▲7八銀 △2六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲2七歩 △7六飛 ▲6七銀 △7四飛
▲5六歩 △5二金左 ▲7八飛 △6四飛 ▲6八金 △6二玉
▲2八玉 △7二銀 ▲5五歩 △4三銀 ▲7六飛 △4五歩
▲9七角 △8四飛 ▲7七金 △7一玉 ▲2六飛 △2四歩
▲6六銀 △3五歩 ▲5六飛 △2五歩 ▲8六歩 △3四飛
▲8五歩 △4四角 ▲6五銀 △3三桂 ▲6七金 △1四歩
▲7七桂 △9四歩 ▲7五角 △2六歩 ▲同 歩 △3六歩
▲同 歩 △3五歩 ▲同 歩 △同 角 ▲3七歩 △2五歩
▲同 歩 △7九角成 ▲6八歩 △8八馬 ▲5九飛 △7八馬
▲2四歩 △同 飛 ▲2七歩 △2六歩 ▲同 歩 △4六歩
▲同 歩 △2六飛 ▲2七歩 △4六飛 ▲4七歩 △4四飛

 

 

今回は以上!