ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00、2日に1回更新。

三間飛車の攻めを受けやすくするための駒組み…!【向かい飛車VS三間飛車】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190528151337p:plain

本記事は振り飛車の序盤研究です。

 

 

先手向かい飛車

後手三間飛車です。

f:id:mayaobird:20190528150815g:plain

先手は、玉を囲うために▲4八玉としています。

互いに端を突いた後、後手から△3六歩としました。

 

 

これに対して、先手は▲同歩として良いのでしょうか…?

 

 

では、まず▲同歩の展開を見ていきます!

f:id:mayaobird:20190528150921g:plain

後手の▲5五角を受けるのが難しいので、

▲同歩は間違いでしたね。

 

 

以下は△3六歩▲同歩の展開棋譜です。↓

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △3五歩 ▲6八銀 △3二飛
▲6七銀 △6二玉 ▲7七角 △7二玉 ▲8八飛 △6二金
▲4八玉 △9四歩 ▲9六歩 △1四歩 ▲1六歩 △3六歩
▲同 歩 △5五角

 

 

 

では、▲同歩ではなく、▲2八銀の展開を見ていきます!

f:id:mayaobird:20190528151016g:plain

後手は△3六歩打ちで攻めの拠点をつくり、

先手は、銀を活躍させられるように前へ出すことができました。

互いの主張が通っているので、互角ですね。

 

以下は△3六歩▲2八銀の展開棋譜です。↓

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △3五歩 ▲6八銀 △3二飛
▲6七銀 △6二玉 ▲7七角 △7二玉 ▲8八飛 △6二金
▲4八玉 △9四歩 ▲9六歩 △1四歩 ▲1六歩 △3六歩
▲2八銀 △3七歩成 ▲同 銀 △3六歩 ▲4六銀 △4四歩
▲5六銀

 

 

もし、△3六歩打ちの攻めの拠点が嫌ならば、

先手は、▲4八玉とする前に、▲2八銀や▲3八銀とする必要がありますね。

 

 

今回のポイントは…、

①△3六歩▲同歩△5五角の展開に、先手は気をつけよう!

②△3六歩打ちの攻めの拠点が嫌なら、銀を上げてから、玉を囲おう!

です!

 

 

今回は以上!