ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00、2日に1回更新。

駒の損得じゃない!形の良し悪しで指してみよう!【三間飛車VS矢倉】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190527160035p:plain

本記事は三間飛車研究です。

 

 

先手三間飛車

後手居飛車です。

f:id:mayaobird:20190527155650g:plain

後手△6四歩に対し、

先手▲同飛の展開となりました。

 

 

一見、後手の歩がタダで取られたように見えます。

 

 

では、この△6四歩は悪手だったのでしょうか…?

 

 

では、その後の展開を見ていきます!

f:id:mayaobird:20190527155715g:plain

後手の金が前へ出ていくことによって、

先手は飛車の逃げ場所に困っている様子です。

先手は、一旦、▲2五飛として、飛車を逃がします。

この飛車の位置はあまりいいとは言えませんね。

 

 

その後、後手は、飛車を7筋に移動して、

金銀を活用しながら、攻めの形をつくっていきます。

 

 

先ほどの△6四歩は、金を前に出させて、攻勢に出る狙いが、

後手にはあったようですね!

 

 

この展開はほぼ互角です。

 

 

今回のポイントは…、

①タダで歩を取らせることで、局面が動く!

②相手の駒をおびき寄せて、自分の駒を前に出す!まき餌としての歩!

です!

 

 

以下は棋譜です。

参考にどうぞ!↓

▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △4四歩 ▲7八飛 △4二銀
▲7四歩 △同 歩 ▲同 飛 △4三銀 ▲5五角 △9二飛
▲4八玉 △6二銀 ▲3八玉 △4二玉 ▲2八玉 △3二玉
▲3八銀 △5二金右 ▲6八銀 △5四歩 ▲6六角 △6四歩
▲同 飛 △6三金 ▲6五飛 △7四金 ▲2五飛 △7二飛
▲5八金左 △6四金 ▲8五飛 △7三飛 ▲4六歩 △6三銀
▲5六歩 △7四銀 ▲2五飛 △6三銀 ▲8五飛 △6五歩
▲5七角 △7四銀 ▲8六飛 △3三角 ▲7六飛 △7二飛
▲4七金 △2二玉 ▲3六歩 △3二金 ▲3七桂 △7五銀
▲7九飛 △7六銀 ▲1六歩 △1四歩 ▲2六歩 △4二角
▲2七銀 △5五歩 ▲同 歩 △同 金 ▲5六歩 △5四金
▲3八金 △6四角

 

 

今回は以上!