ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00、2日に1回更新。

棒銀のさばき方!【ノーマル四間飛車VS棒銀】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190512172657p:plain

本記事は棒銀対策です。

 

 

先手ノーマル四間飛車&片美濃囲い

後手棒銀&舟囲いです。

f:id:mayaobird:20190512172301g:plain

後手△7二飛の局面、

先手には▲5九角や、▲6八角▲8八角など手が見えます。

 

 

今回は▲5九角▲8八角の展開を比べていきます。

 

 

まずは▲5九角の変化です。

f:id:mayaobird:20190512172748g:plain

先手は飛車をさばけて、まずまずといった感じです。

形も良く、先手が若干有利です。

 

 

以下は▲5九角の展開の棋譜です。↓
▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △8四歩 ▲6八飛 △8五歩
▲7七角 △6二銀 ▲3八銀 △4二玉 ▲1六歩 △5二金右
▲7八銀 △7四歩 ▲4八玉 △7三銀 ▲3九玉 △8四銀
▲2八玉 △3二玉 ▲6七銀 △7五歩 ▲7八飛 △7六歩
▲同 銀 △7二飛 ▲5九角 △6六角 ▲6七銀 △7八飛成
▲同 金 △9九角成 ▲7七角 △同 馬 ▲同 桂

 

 

次に▲8八角の変化です。

f:id:mayaobird:20190512173353g:plain
こちらは▲5九角の変化と比べると、

1歩得をしています。

 

 

どちらでも、先手有利の展開になりますが、

▲8八角のほうが良さそうですね。

 

以下は▲8八角の展開の棋譜です。↓

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △8四歩 ▲6八飛 △8五歩
▲7七角 △6二銀 ▲3八銀 △4二玉 ▲1六歩 △5二金右
▲7八銀 △7四歩 ▲4八玉 △7三銀 ▲3九玉 △8四銀
▲2八玉 △3二玉 ▲6七銀 △7五歩 ▲7八飛 △7六歩
▲同 銀 △7二飛 ▲8八角 △6四歩 ▲7九金 △6五歩
▲同 歩 △8八角成 ▲同 金 △4四角 ▲6七銀 △7八飛成
▲同 金 △9九角成 ▲7七角 △同 馬 ▲同 桂

 

 

今回のポイントは…、

棒銀の△7二飛には角引き!

②▲8八角の方が1歩得の可能性アリ!

です!

 

 

今回は以上!