ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00、2日に1回更新。

四間飛車を指しこなす!棒銀や急戦への対処【ノーマル四間飛車VS棒銀】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190510175158p:plain

本記事は棒銀対策です。

 

 

先手四間飛車

後手棒銀ですね。

f:id:mayaobird:20190510174457g:plain

まず、棒銀急戦を相手にするとき、

振り飛車側は、△7四歩に対して、居玉のままではいけません。

 

 

振り飛車側が居玉にするなら、

穴熊対策の藤井システムのような指し方になります。

△7四歩とした時、穴熊の可能性は低くなるので、

居玉のまま戦ってしまっては、振り飛車が不利になりやすいです。

 

△7四歩に対しては、▲4八玉としましょう!

 

 

 

では、後手が△7五歩とした局面、

先手は、本来は6七銀型に組んでおきたかったのですが、

後手の早い攻めが、それを許しませんでした。

 

 

では、△7五歩に対し、

7八銀型四間飛車はどう対処すべきでしょうか…?

 

 

 

6五歩!

f:id:mayaobird:20190510174528p:plain

角交換を狙っていきましょう!

 

 

では、その後の展開を見ていきます!

f:id:mayaobird:20190510174554g:plain

後手のしつこい角打ちには、

角合いで受けることができます。

また、▲7八金で、桂馬にヒモをつけることで、

先手はしっかり受けていますね。

 

 

この展開は先手振り飛車が有利です。

 

 

今回のポイントは…、

①△7四歩には、居玉を避けよ

②7八銀型に対する角頭攻めには、角交換を仕掛けよ

です!

 

 

以下は棋譜です。

参考にどうぞ!↓

▲7六歩 △8四歩 ▲6六歩 △8五歩 ▲7七角 △3四歩
▲6八飛 △5二金右 ▲3八銀 △6二銀 ▲1六歩 △9四歩
▲9六歩 △7四歩 ▲4八玉 △7三銀 ▲3九玉 △8四銀
▲7八銀 △7五歩 ▲6五歩 △7七角成 ▲同 銀 △7六歩
▲同 銀 △3三角 ▲7七角 △同角成 ▲同 桂 △3三角
▲7八金 △7五歩 ▲4六角 △9二飛 ▲8五銀 △同 銀
▲同 桂 △9九角成 ▲8三銀

 

 

今回は以上!