ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00、2日に1回更新。

相振り飛車の右矢倉対策!攻めが続けば駒損はさほど気にならない!【ノーマル四間飛車VSゴキゲン中飛車】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190504215753p:plain

本記事は振り飛車研究です!

 

 

先手ノーマル四間飛車

後手ゴキゲン中飛車ですね。

f:id:mayaobird:20190504215248g:plain

後手は途中で2筋に飛車を振り直します。

振り飛車では、2筋(8筋)に飛車を振った方が

有利になりやすいといわれていますね。

その方が、相手の玉により迫ることができますからね。

 

 

対する先手は、右矢倉に組んで、

上部からの攻めに強くなりました。

 

 

では、後手の△5五歩に対し、

先手が▲4五歩とした局面、

後手は角を取られそうですが、

どうすべきでしょうか…?

 

 

 

5六歩!

f:id:mayaobird:20190504215349p:plain

角銀交換です!

 

 

一見、後手が損しているように思えますが、

実際はどうなのでしょう…?

 

 

では、その後の展開を見ていきましょう!

f:id:mayaobird:20190504215413g:plain

角銀交換をした後は、

後手の△4五桂で、両取りが成功していますね。

なので、角銀交換の駒損はそれほど気になりませんね。

 

 

さらに、後手の攻めが続いて、

先手の囲いを、崩していけるので、

この展開は後手が有利ですね。

 

 

今回のポイントは…

①一見、駒損。でも数手先を読んで、本当に駒損か、考えよう!

②囲いをどれほど弱体化させられるか、これも形勢判断の1つ!

です!

 

 

以下は棋譜です。

参考にどうぞ!↓

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △5四歩 ▲6八飛 △5二飛
▲7八銀 △6二玉 ▲6七銀 △7二玉 ▲5八金左 △6二金
▲3八銀 △3三角 ▲4八玉 △4二銀 ▲3九玉 △1四歩
▲1六歩 △2四歩 ▲2八玉 △2五歩 ▲7七角 △5三銀
▲4六歩 △2二飛 ▲4七金 △2六歩 ▲同 歩 △同 飛
▲2七歩 △2四飛 ▲3六歩 △5二金上 ▲3七銀 △4四角
▲3八金 △3三桂 ▲5六銀 △5五歩 ▲4五歩 △5六歩
▲4四歩 △5七歩成 ▲同 金 △4五桂 ▲4三歩成 △同 金
▲4七金寄 △3七桂成 ▲同金寄 △5七銀 ▲9八飛 △2六歩
▲同 歩 △3五歩 ▲4七金寄 △4六銀打 ▲6五歩 △4七銀成
▲同 金 △6六金 ▲5七金 △7七金 ▲同 桂 △5五角
▲4六銀 △7七角成 ▲5五桂 △3三金

 

 

今回は以上!