ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00に毎日更新。

立石流四間飛車!手損だが有力!銀の使い方【立石流四間飛車VS向かい飛車】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190428165136p:plain

本記事は立石流四間飛車研究です!

 

 

先手立石流四間飛車

後手向かい飛車です。

f:id:mayaobird:20190428164326g:plain

 相振り飛車です。

先手は片美濃囲いですが、

正直、このままでは、心もとない囲いですね。

 

 

後手もまだ囲っていきそうなので、

先手もより安定した囲いを目指したいです。

 

 

では、先手にはどんな手があるのでしょうか…?

 

 

 

7九銀!

f:id:mayaobird:20190428164730p:plain

手損ですが、この手が好手です!

 

 

では、その後の展開を見ていきます!

f:id:mayaobird:20190428164804g:plain

先手は銀を囲いに近づけて、

安定した囲いをつくることに成功しました。

 

 

金を片美濃囲いにくっつけて、

美濃囲いにすることも考えられますが、

そうすると、8筋に飛車を振り直した時、

桂馬にヒモがつかなくなるのが気になりますね。

よって、▲7九銀が有力です。

 

 

一方、先手は銀冠をつくって、この展開は互角ですね!

 

 

今回のポイントは

①手損の▲7九銀で囲いを安定させよう!

②▲7九銀 ▲6八銀  ▲6七銀 ▲5八銀の順を覚えよう! 

です!

 

 

以下は棋譜です。

参考にどうぞ!↓

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △5四歩 ▲6八飛 △4二銀
▲7五歩 △5三銀 ▲6五歩 △4四歩 ▲7八金 △3三角
▲4八玉 △2四歩 ▲3八玉 △2二飛 ▲2八玉 △1四歩
▲1六歩 △6二玉 ▲3八銀 △7二玉 ▲9六歩 △5二金左
▲6六飛 △4五歩 ▲7六飛 △8八角成 ▲同 銀 △3五歩
▲8六歩 △2五歩 ▲8五歩 △2四飛 ▲7七桂 △5五歩
▲9五歩 △8二玉 ▲7九銀 △7二銀 ▲6八銀 △6四歩
▲8四歩 △同 歩 ▲7四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8三銀
▲7六飛 △7三歩 ▲6四歩 △同 銀 ▲6七銀 △7二金
▲5八銀 △3三桂

 

 

今回は以上!