ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00に毎日更新。

立石流四間飛車!▲8五桂からの攻めパターン!【立石流四間飛車VS居飛車】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190428153238p:plain

本記事は立石流四間飛車の研究です!

 

 

先手立石流四間飛車です。

f:id:mayaobird:20190428152722g:plain

先手が▲8五桂に対し、△同飛とした場合、

▲8六歩 △8二飛▲8九飛 から、

向かい飛車のようなカウンターで先手が有利になります。

 

 

なので、▲8五桂に対し、後手は△同飛とせず、

△7四歩として、歩を補充しようとします。

また、先手の▲6一角が怖いので、

後手は△4三金とします。

 

 

このようにして、後手が攻めずにいる際、

先手は攻めるための一手を指したいです。

では、それはどんな手でしょうか…?

 

 

 

5六金!

f:id:mayaobird:20190428152808p:plain

一見、先手の飛車先を通した、平凡な一手のように思えますが、

この手には、どんな意味があるのでしょうか…?

 

 

では、その後の展開を見ていきます!

f:id:mayaobird:20190428152835g:plain

▲5六金は、▲3四金を見据えた一手だったようですね!

 

 

その後は▲5二角で飛車と金の両取りを狙います。

そのためには、途中で先手は▲6四歩とする必要がありますね。

 

 

この展開は、駒の損得はほぼ変わらず、

互角ですね。

 

 

今回のポイントは

①▲8五桂に△同飛としない展開。まず後手は歩を補充。

②▲5六金は▲3四金を見据えた一手。

③▲5二角で、両取りを狙おう。

です!

 

 

以下は棋譜です。

参考にどうぞ!↓
▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △8四歩 ▲6八飛 △4二玉
▲3八銀 △3二玉 ▲7八金 △6二銀 ▲4八玉 △5二金右
▲1六歩 △1四歩 ▲3九玉 △5四歩 ▲2八玉 △4二銀
▲6五歩 △5三銀左 ▲2二角成 △同 玉 ▲7七桂 △8五歩
▲7五歩 △2四角 ▲6七金 △3二金 ▲7八銀 △4四歩
▲6九飛 △4五歩 ▲8五桂 △7四歩 ▲8六歩 △7五歩
▲7四歩 △4三金右 ▲5六金 △3三角 ▲6七銀 △8四飛
▲6六銀 △7四飛 ▲6四歩 △同 歩 ▲4五金 △8四歩
▲3四金 △同 金 ▲5二角 △7一飛 ▲3四角成 △8五歩
▲5二金 △4三金打 ▲3三馬 △同 桂 ▲6三歩 △5一銀
▲5三金 △同 金 ▲8二角 △7四飛 ▲9一角成

 

 

今回は以上!