ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00に毎日更新。

美濃囲いの終盤術!序盤の▲3六歩が大事!【ノーマル四間飛車VS4五歩早仕掛け】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190421160735p:plain

本記事は美濃囲いにおける▲3六歩の重要さの考察です。

 

 

先手ノーマル四間飛車&美濃囲い(高美濃囲い)

後手は4五歩早仕掛けのようにも思えますが、若干違いますね。

f:id:mayaobird:20190421155755g:plain

先手は▲3六歩を突いている高美濃囲いですね。

さっそく終盤まで進めました。

この展開は、後手の勝勢です。

 

 

では、次に後手は△3九龍として、王手をかけたいです。

しかし実は、それは悪手です。

 

 

では、後手は次にどんな手を指すのが良いでしょうか…?

 

 

 

4一金!

f:id:mayaobird:20190421155911p:plain

一回受けるのが正解ですね!

 

 

しかし、この終盤で受けるタイミングを見出すのは、

非常に難しいです。

 

 

では、悪手である△3九龍とした場合の展開を見てみましょう!

f:id:mayaobird:20190421160936g:plain

先手の玉は捕まらず、

後手の玉が詰んでしまいました。

 

 

このように、玉が逃げやすくなり、

終盤を難解にさせることから、

▲3六歩がとても大切だということが分かりますね。

 

 

今回のポイントは

①▲3六歩で玉の逃げ道を作っておこう!

②▲3六歩で終盤を難解にすれば、敗勢でも勝ちが見える!

です!

 

 

以下は棋譜です。

参考にどうぞ!↓

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △8四歩 ▲6八飛 △8五歩
▲7七角 △6二銀 ▲3八銀 △5二金右 ▲1六歩 △1四歩
▲4八玉 △4二玉 ▲3九玉 △3二玉 ▲7八銀 △5四歩
▲2八玉 △4二銀 ▲5八金左 △5三銀左 ▲6七銀 △4二金上
▲5六歩 △7四歩 ▲4六歩 △6四歩 ▲9八香 △6三銀
▲3六歩 △5五歩 ▲同 歩 △同 角 ▲4七金 △2二角
▲5八飛 △6五歩 ▲5五歩 △6六歩 ▲同 銀 △9四歩
▲6五銀 △7三桂 ▲5四銀 △5七歩 ▲同 飛 △5四銀直
▲同 歩 △6六銀 ▲同 角 △同 角 ▲5三銀 △5七角成
▲同 金 △5四銀 ▲4二銀成 △同 金 ▲5三歩 △6九飛
▲5一銀 △4八銀 ▲4二銀成 △同 飛 ▲5一角 △7二飛
▲4八金 △3九角 ▲3七玉 △2八銀 ▲4七玉 △4八角
▲同 玉 △3九飛成 ▲4七玉 △4八金 ▲5六玉 △5五歩
▲6六玉 △6五歩 ▲7七玉 △3八龍 ▲4一銀 △同 玉
▲5二金 △3二玉 ▲4二角成 △2二玉 ▲3一角 △1二玉
▲2二金 △1三玉 ▲2一金 △1二玉 ▲2二角成

 

 

今回は以上!