ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00と17:00に毎日更新。

相振り飛車における冷静な銀引きは一考の余地あり【向かい飛車VS三間飛車】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190331235403p:plain

本記事は振り飛車研究です。

 

 

先手向かい飛車

後手三間飛車の対局です。

f:id:mayaobird:20190331234721g:plain

互いに、囲いが十分でないにもかかわらず、

中盤に突入しているような戦いです。

振り飛車では、攻めの早い方が勝ちやすいので、

こういった力戦はありがちです。

 

 

そして、上の展開、一見すると先手が押されていて、

後手有利に見えます。

 

 

しかし、実際は互角です。

では、後手が△7五銀とした局面、

先手が指すべき手はどんな手でしょうか…?

 

 

6七銀!

f:id:mayaobird:20190331234831p:plain

冷静に銀を引きます!

 

 

では、その後の展開を見ていきましょう!

f:id:mayaobird:20190331234840g:plain

後手が△4四角とした時、

▲4五角とするのが好手ですね。

 

 

また▲7六歩で、銀交換に持ち込んだり、

先手が底飛車の形になったりで、

先手の危うい感じを脱したように見えますね。

 

 

この展開なら、当然互角です。

 

 

今回のポイントは

①相振り飛車戦、冷静な銀引きに好手あり

②敵の角を引かせたとき、攻勢に出る

です!

 

 

以下は棋譜です。

参考にどうぞ!↓

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △5四歩 ▲6八銀 △4二銀
▲6七銀 △5三銀 ▲7七角 △3五歩 ▲8八飛 △3二飛
▲2八銀 △6二玉 ▲3八金 △7二玉 ▲8六歩 △6二金
▲8五歩 △9四歩 ▲9六歩 △8二銀 ▲7五歩 △6四銀
▲7六銀 △3六歩 ▲6五歩 △7七角成 ▲同 桂 △6六角
▲6八金 △7五銀 ▲6七銀 △4四角 ▲4五角 △2二飛
▲3六歩 △5二金上 ▲4八玉 △2四歩 ▲7六歩 △6六銀
▲同 銀 △同 角 ▲8九飛 △7四歩 ▲3七銀 △7三銀
▲4六銀 △2五歩

 

 

今回は以上!