ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00と17:00に毎日更新。

相振り飛車での後手7四飛に対する先手の応手は…?【向かい飛車VS三間飛車】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190331193931p:plain

本記事は振り飛車研究です。

 

 

先手向かい飛車&金無双

後手三間飛車の対局です。

f:id:mayaobird:20190331193110g:plain

まず、後手が先に仕掛けてきます。

△7四飛として、先手の角頭を狙ってきます。

この段階では、銀で先手の角頭は守れていますが、

この先、角頭を攻められる展開は避けなければなりませんね。

 

 

では、次に先手は、角頭を守るための冷静な一手を指します。

果たして、それはどんな手でしょうか…?

 

 

8五歩!

f:id:mayaobird:20190331193142p:plain

この△8五歩から、先手はどのようにして、角頭を守るのでしょうか…?

 

 

では、続きの展開を見てみましょう!

f:id:mayaobird:20190331193155g:plain

先手は▲8六飛として、浮き飛車の形にします。

これで、角頭の守りは万全ですね!

 

 

その後は、棒銀のように先手が攻めていって、

先手がやや有利ですね!

 

 

今回のポイントは

①角頭が銀で守れていても、油断するべからず

②▲8五歩からの浮き飛車で、先手に損なし

です!

 

 

以下は棋譜です。

参考にどうぞ!↓

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △3五歩 ▲6八銀 △3二飛
▲6七銀 △6二玉 ▲7七角 △7二玉 ▲8八飛 △6二金
▲8六歩 △9四歩 ▲9六歩 △1四歩 ▲1六歩 △3六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲2八銀 △3四飛 ▲3七歩 △3二金
▲4八玉 △4二銀 ▲5八金左 △3三銀 ▲6五歩 △7四飛
▲8五歩 △4四銀 ▲8六飛 △2四歩 ▲3八玉 △2五歩
▲4八金上 △3三角 ▲6六銀 △5四飛 ▲7五銀 △8二銀
▲6四歩 △7四歩 ▲6三歩成 △同 金 ▲6六銀 △7三桂

 

 

今回は以上!