ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00、2日に1回更新。

角打ち合戦を制す!振り飛車党なら角を愛せ!【ノーマル四間飛車VS居飛車】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190324133002p:plain

本記事はノーマル四間飛車の対抗型の研究です。

 

 

先手ノーマル四間飛車

後手居飛車です。

f:id:mayaobird:20190324133017g:plain

後手はこのあと、4五歩早仕掛けのような戦法で攻めてくると思われます。

しかし、その前に後手から5筋の歩交換を仕掛けてきました。

 

 

では、△5五角▲5二飛△2二角の展開になったとき、

先手には、様々な候補手がありますが、

今回は飛車角交換になる順を紹介します。

では、そのために次指すべき先手の手はどんな手でしょうか…?

 

 

5九角!

f:id:mayaobird:20190324133050p:plain

先手の▲5九角に対して、

後手の△6五歩が怖いように見えますが、

先手の思惑は何でしょうか…?

 

 

では、その後の展開を見ていきます!

f:id:mayaobird:20190324133202g:plain

△6五歩▲同歩△9九角成に対しては、

▲7七角で大丈夫です。

 

 

もし、△9九角成▲7七角△8九馬▲7八銀の展開なら、

次に先手が▲1一角成で馬をつくれるので、

後手は▲7七角に対して、△同角とするしかありません。

 

 

また、後手が△5四歩としたのは、先手の▲5五角を防ぐためですね。

 

 

後手の△6七角が一瞬、怖いですが、先手の▲3七角が好手で、

先手の角2枚で、後手の飛車が危うくなります。

これで、先手が若干有利です。

 

 

今回のポイントは

①△9九角成には▲7七角の応手

②△6七角には▲3七角の応手

です!

 

 

以下は棋譜です!

参考にどうぞ!↓

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △8四歩 ▲6八飛 △8五歩
▲7七角 △6二銀 ▲3八銀 △5二金右 ▲1六歩 △1四歩
▲5八金左 △4二玉 ▲4八玉 △3二玉 ▲3九玉 △7四歩
▲7八銀 △5四歩 ▲2八玉 △4二銀 ▲6七銀 △5三銀左
▲5六歩 △4二金上 ▲4六歩 △6四歩 ▲9八香 △6三銀
▲3六歩 △5五歩 ▲同 歩 △同 角 ▲4七金 △9四歩
▲5八飛 △2二角 ▲5九角 △6五歩 ▲同 歩 △9九角成
▲7七角 △同 馬 ▲同 桂 △5四歩 ▲6六角 △4四角
▲4五歩 △6六角 ▲同 銀 △6七角 ▲3七角 △5八角
▲同 金 △9二飛 ▲4六角打

 

 

今回は以上!

 

 

おススメ特集記事↓

www.shikenbisya.com

www.shikenbisya.com