ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00と17:00に毎日更新。

後手番相振り飛車でも美濃囲いを指したい!【向かい飛車VS三間飛車】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190317155637p:plain

本記事は振り飛車研究です!

 

 

先手向かい飛車

後手三間飛車&美濃囲いです。

f:id:mayaobird:20190317155033g:plain

振り飛車では、先手のほうが攻めが早くて有利です。

しかも、美濃囲いは、向かい飛車の上からの攻めに弱いので、

この展開では、後手を持ちたくはありません…。

しかし、後手もしっかり指せば戦えます。

 

 

では、先ほどの局面、

次に、後手は、△3三桂として、

桂馬を活躍させたいです。

しかし、△3三桂に対しては、▲6五歩として、

先手の角道を開けるのが定跡で、

△3三桂▲6五歩△1三角▲6六角という具合に進み、

先手の角が絶好の位置に来てしまいます。

 

 

なので、後手はこの順を阻止するための一手を指してから、

△3三桂としたいです。

 

 

では、その阻止するための一手はどんな手でしょうか…?

 

 

6四歩!

f:id:mayaobird:20190317155139p:plain

では、その後の展開を見ていきます!

 

 

△6四歩▲1六歩△3三桂▲6五歩△同歩の順となったので、

先手は▲6六角とすることができませんね。

 

 

その後は、先手はしっかり囲って、

▲8五飛とし、

▲6五銀△同銀▲同飛の展開を狙ってきます。

 

 

この展開は、先手がまだ有利ですが、

先ほどのような工夫の一手を逃さないことで、

後手にも勝機が訪れるでしょう。

 

 

今回のポイントは

①△3三桂▲6五歩の順は定跡

②先手▲6六角は絶好の位置

③桂馬を跳ねる前に、△6四歩で、▲6六角を防ぐ

です!

 

 

以下は棋譜です。

参考にどうぞ!↓

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △4二銀 ▲6八銀 △4四歩
▲6七銀 △4三銀 ▲7七角 △3五歩 ▲8八飛 △3二飛
▲2八銀 △4五歩 ▲3八金 △3六歩 ▲同 歩 △同 飛
▲3七銀 △3四飛 ▲3六歩 △6二玉 ▲4八玉 △5二金左
▲5八金 △7二銀 ▲5六銀 △5四銀 ▲8六歩 △7一玉
▲8五歩 △1四歩 ▲8四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8三歩
▲8八飛 △6四歩 ▲1六歩 △3三桂 ▲6五歩 △同 歩
▲3九玉 △2四歩 ▲2八玉 △2五歩 ▲4八金左 △1三角
▲8五飛 

 

 

今回は以上!

 

 

おススメ特集記事↓

www.shikenbisya.com

www.shikenbisya.com