ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00と17:00に毎日更新。

飛車が躍動する。藤井システム研究【藤井システムVS居飛車穴熊】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190310124749p:plain

本記事は藤井システムの研究です。

 

 

先手藤井システム

後手居飛車穴熊です。

f:id:mayaobird:20190310123736g:plain

後手が△2四角とした場面、

先手は4六の歩を守らなければなりません。

なので、▲4七金とするのが、自然に思えますが、

実はもっと良い手があります。

それはどんな手でしょうか…?

 

 

3七銀!

f:id:mayaobird:20190310124032p:plain

この▲3七銀には、どんな意味があるのでしょうか…?

 

 

では、その後の展開を見ていきます!

f:id:mayaobird:20190310124045g:plain

先手は6筋の歩を突いた後、

▲6五飛→▲4五飛→▲4八飛とするのが狙いでした。

 

 

先手藤井システムが飛車を4筋に移動させるのは、

よくある手筋なので、

こういった変化球のような移動の仕方もできると、

良いですね!

 

 

ここからは、先手が端攻めをして、

藤井システムが有利です。

 

 

以下は棋譜です!

参考にどうぞ!↓

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △8四歩 ▲6八飛 △6二銀
▲3八銀 △4二玉 ▲1六歩 △3二玉 ▲1五歩 △3三角
▲7八銀 △2二玉 ▲5八金左 △1二香 ▲4六歩 △1一玉
▲3六歩 △2二銀 ▲3七桂 △4四歩 ▲6五歩 △5二金右
▲2五桂 △2四角 ▲3七銀 △4三金 ▲6四歩 △同 歩
▲4五歩 △同 歩 ▲6四飛 △6三歩 ▲4四歩 △4二金引
▲6五飛 △3二金上 ▲4五飛 △6四歩 ▲3五歩 △6三銀
▲3四歩 △5四銀 ▲4八飛 △6五歩 ▲2六銀 △4六歩
▲1四歩

 

 

今回は以上!

 

 

おススメ特集記事↓

www.shikenbisya.com

www.shikenbisya.com