ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00と17:00に毎日更新。

後手番角頭歩戦法の紹介【角頭歩戦法】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190305010858p:plain

本記事は角頭歩戦法の紹介です。

 

 

後手が角頭歩戦法です。

f:id:mayaobird:20190305005702g:plain

角頭歩戦法とは、

先手が▲2六歩としたタイミングで、

後手が△2四歩と指す戦法です。

 

 

△2四歩は悪手ですが、

これに対し、先手は▲2五歩としてはいけません。

角頭歩戦法は、いわばハメ手のような戦法ですね。

 

 

角頭歩戦法を知っていれば、それを使われたときに対処できますが、

知らないと難しいです。

なので、自分が指すつもりはなくても、

念のため知っておきましょう!

 

 

今回は▲2六歩 △2四歩 ▲2五歩 △同歩▲同飛の展開を見ていきます。

 

 

では、先手が▲同飛とした局面、

後手は飛車をどう受けるのでしょうか…?

 

 

八角成!

f:id:mayaobird:20190305005732p:plain

まずは角を成っていきます。

 

 

では、その後はどのような展開になるのでしょうか…?

 

 

その後の展開を見ていきます。

f:id:mayaobird:20190305005743g:plain

まず△3三桂として、先手の飛車に桂馬を当てます。

先手が▲2一飛成としたタイミングで、

後手は△2二飛として、飛車交換を狙います。

 

 

もし△2二飛に対して、

次に、先手が▲1一龍として香車を取った場合、

後手は△2九龍成とすれば良いですね。

 

 

この展開だと、

桂馬を活用しやすい後手が、若干ですが有利です。

 

 

以下は棋譜です。

参考にどうぞ!↓
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △2四歩 ▲2五歩 △同 歩
▲同 飛 △8八角成 ▲同 銀 △3三桂 ▲2一飛成 △2二飛
▲同 龍 △同 銀

 

 

今回は以上!

 

 

おススメ特集記事↓

www.shikenbisya.com

www.shikenbisya.com