ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00と17:00に毎日更新。

角交換四間飛車の中盤術!まずは歩を手に入れる!【銀冠穴熊VS角交換四間飛車】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190303003634p:plain

本記事は角交換四間飛車の研究です。

 

 

先手銀冠穴熊

後手角交換四間飛車ですね。

f:id:mayaobird:20190303003335g:plain

後手は8手目に角交換をしました。

先手▲6八玉のタイミングで、

角交換をするのは、先手に壁銀をつくらせる狙いがありますね。

これによって、先手が組める囲いは、ある程度絞られます。

 

 

では、先手が▲9八香として、

銀冠穴熊に組む意志を見せた局面、

後手は、一見、手待ちしかなさそうに見えますが、

手をつくる一手があります。それはどんな手でしょうか…?

 

 

7四銀!

f:id:mayaobird:20190303003306p:plain

次に△8五歩として、

△8五歩 ▲同歩 △同銀の順で、

歩を手駒にするのが狙いですね!

 

 

では、その後の展開を見ていきましょう!

f:id:mayaobird:20190303003446g:plain

後手△5五歩に対して、

先手は▲同銀と取れません。

▲同銀としたら、△5四歩で先手の銀がタダです。

なので、△5五歩に対しては、▲6七銀として、先手玉をより固くします。

 

 

その後は互いに角頭を攻めたり、桂頭を攻めたりする展開になります。

 

 

これはほぼ互角です。

 

 

以下は棋譜です。

参考にどうぞ!↓
▲2六歩 △3四歩 ▲2五歩 △3三角 ▲7六歩 △2二銀
▲6八玉 △8八角成 ▲同銀 △3三銀 ▲3八銀 △4二飛
▲7八玉 △6二玉 ▲9六歩 △9四歩 ▲4六歩 △7二玉
▲4七銀 △8二玉 ▲5八金右 △4四歩 ▲3六歩 △7二銀
▲3七桂 △5二金左 ▲8六歩 △8四歩 ▲6六歩 △6四歩
▲8七銀 △6三金 ▲5六銀 △8三銀 ▲1六歩 △7二金
▲8八玉 △5四歩 ▲7八金 △1四歩 ▲9八香 △7四銀
▲9九玉 △8五歩 ▲同歩 △同銀 ▲8六歩 △7四銀
▲2六飛 △5五歩 ▲6七銀 △8三銀 ▲8五歩 △7四角
▲2八飛 △3五歩 ▲7五歩 △8五角 ▲2六飛 △3六歩
▲同飛

 

 

おススメ特集記事↓

www.shikenbisya.com

www.shikenbisya.com