ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00と17:00に毎日更新。

美濃囲いの受けの基礎【覚えておきたい5つの手】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190210202707p:plain

はじめに

今回は特集記事第2弾です。

 

第1弾は右四間飛車についてでした。

読んでいらっしゃらない方はぜひ一読を。↓

mayaobird.hatenablog.com

 

 _______________________________

駒の利きを避けながら、金を当てる

まずは以下の盤面を見てほしい。

f:id:mayaobird:20190208220505p:plain

手番は後手。
先手は次に馬を切る手がある。

 

 

失敗例

以下は、後手が受けずに、

先手が馬を切った展開。

f:id:mayaobird:20190208220937g:plain

△1九飛成▲5二馬 △同金 ▲7一銀 △9三玉

この展開では、後手が危ない。

 

 

 

成功例

では、もし後手が受けるとすれば、どのように指すべきだろうか…?

 

 

正解は△5一金引だ。

f:id:mayaobird:20190208221109g:plain

△5一金引▲2一飛成 △7九銀

先手の馬の利きから、金を逃がしつつ、

先手の飛車に金を当てる一手だ。

 

 

ここからは互いに攻め合って、ほぼ互角といったところだ。

 

 

以下は、初手から△7九銀までの棋譜
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲2五歩 △3三角
▲4八銀 △4二飛 ▲6八玉 △7二銀 ▲7八玉 △9四歩
▲9六歩 △6二玉 ▲5八金右 △3二銀 ▲5六歩 △4三銀
▲3六歩 △7一玉 ▲6八銀 △8二玉 ▲5七銀左 △6四歩
▲6八金上 △5二金左 ▲4六銀 △5四歩 ▲3五歩 △3二飛
▲3四歩 △同 銀 ▲2四歩 △同 歩 ▲3八飛 △4五歩
▲3三角成 △同 飛 ▲8八角 △4六歩 ▲3三角成 △3七歩
▲同 飛 △3六歩 ▲3四馬 △3七歩成 ▲同 桂 △4七歩成
▲同 銀 △4六歩 ▲同 銀 △4九飛 ▲4一飛 △5一金引
▲2一飛成 △7九銀

 

  _______________________________

不利な状況でも、粘ってみる

以下は、先ほどの△7九銀から
▲3五馬 △6八銀成 ▲同 金 △7九金▲7七玉と進んだ場面。

f:id:mayaobird:20190208222220p:plain

 

 

 

失敗例

仮に、後手が△8九金として、桂馬を取った時、

先手は、▲7一銀打で、ほぼ勝ちとなる。

以下は△8九金▲7一銀の展開。

f:id:mayaobird:20190208222609g:plain

 △8九金 ▲7一銀 △同金 ▲同馬 △同玉
▲5一龍 △8二玉 ▲7一銀 △9二玉

▲8二金 △9三玉▲8五桂 △8四玉 ▲7五金

 

 

粘った例

なので、後手は▲7一銀打を防ぐために、

△7一角打とする必要がある。

 

 

△7一角打から、先手が▲5一龍とした展開。

f:id:mayaobird:20190208225906g:plain

 △7一角 ▲同 馬 △同 金 ▲5一龍 △3三角

後手の王手龍で、後手有利。

 

 

先手が▲5一龍とせず、最善手を指し続けた場合。

f:id:mayaobird:20190208231356g:plain

△7一角 ▲同馬 △同金 ▲3五角 △6一金左▲5二銀

△4六飛成 ▲同角 △8九金 ▲7八玉 △7九角▲6一銀成

△同金 ▲4二飛 △8八角成 ▲6九玉 △5一銀▲7一銀

△同玉 ▲6三桂 △8二玉 ▲5一桂成 △4七銀▲5八金打

△4九銀 ▲4七金 △3三馬 ▲4五飛成 △5一馬

▲3五角 △6五桂 ▲7一銀 △9二玉 ▲4八金

 

 

ソフト(技巧)の解析では、△7一角打で後手不利だが、

上の展開のように、先手が最善手を指し続けるのは難しい。

やはり、後手が粘るのなら、△7一角打とすべきだろう。

 

 

以下は初手から上のGIFまでの棋譜

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲2五歩 △3三角
▲4八銀 △4二飛 ▲6八玉 △7二銀 ▲7八玉 △9四歩
▲9六歩 △6二玉 ▲5八金右 △3二銀 ▲5六歩 △4三銀
▲3六歩 △7一玉 ▲6八銀 △8二玉 ▲5七銀左 △6四歩
▲6八金上 △5二金左 ▲4六銀 △5四歩 ▲3五歩 △3二飛
▲3四歩 △同 銀 ▲2四歩 △同 歩 ▲3八飛 △4五歩
▲3三角成 △同 飛 ▲8八角 △4六歩 ▲3三角成 △3七歩
▲同 飛 △3六歩 ▲3四馬 △3七歩成 ▲同 桂 △4七歩成
▲同 銀 △4六歩 ▲同 銀 △4九飛 ▲4一飛 △5一金引
▲2一飛成 △7九銀▲3五馬 △6八銀成 ▲同 金 △7九金▲7七玉

△7一角 ▲同馬 △同金 ▲3五角 △6一金左▲5二銀

△4六飛成 ▲同角 △8九金 ▲7八玉 △7九角▲6一銀成

△同金 ▲4二飛 △8八角成 ▲6九玉 △5一銀▲7一銀

△同玉 ▲6三桂 △8二玉 ▲5一桂成 △4七銀▲5八金打

△4九銀 ▲4七金 △3三馬 ▲4五飛成 △5一馬

▲3五角 △6五桂 ▲7一銀 △9二玉 ▲4八金

 

  _______________________________

底歩で受けて、がっちり固める

以下は先手4五歩早仕掛け、後手ノーマル四間飛車の対局の終盤である。

f:id:mayaobird:20190209035505p:plain

 

 

この局面で、もっとも有効な受け方は△5一歩打である。

f:id:mayaobird:20190209035658g:plain

△5一歩▲5五桂 △6二金引 ▲1一飛成 △5二香

 

 

さらに、△5二香打で、馬の利きを遮断することによって、より強固な囲いとなる。

 

 

以下は初手から△5二香までの棋譜。↓

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲2五歩 △3三角
▲4八銀 △4二飛 ▲6八玉 △7二銀 ▲7八玉 △3二銀
▲5六歩 △4三銀 ▲5八金右 △6二玉 ▲6八銀 △7一玉
▲9六歩 △9四歩 ▲3六歩 △8二玉 ▲5七銀左 △5二金左
▲6八金上 △5四歩 ▲1六歩 △6四歩 ▲4六歩 △7四歩
▲4五歩 △7三桂 ▲3七桂 △6三金 ▲2四歩 △同 歩
▲4四歩 △同 銀 ▲4五歩 △同 銀 ▲3三角成 △同 桂
▲6六角 △5五歩 ▲同 角 △3六銀 ▲3三角成 △3七銀成
▲4二馬 △2八成銀 ▲4一飛 △1九成銀 ▲4三馬 △5一歩
▲5五桂 △6二金引 ▲1一飛成 △5二香

 

  _______________________________

底歩が打てない…、でも金がある

先手4六銀左急戦、後手ノーマル四間飛車の対局

f:id:mayaobird:20190209041540p:plain

 

 

後手は5一に歩を打つことができないので、

次のように受ける。

f:id:mayaobird:20190209041707g:plain

△5一金打は一見、金がもったいないように思えるが、これが好手。

ここまでは、定跡化された順で、ほぼ互角である。



 以下は初手から4七歩成までの棋譜
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲2五歩 △3三角
▲4八銀 △4二飛 ▲6八玉 △7二銀 ▲7八玉 △9四歩
▲9六歩 △6二玉 ▲5八金右 △3二銀 ▲5六歩 △7一玉
▲6八銀 △5二金左 ▲5七銀左 △8二玉 ▲3六歩 △4三銀
▲4六銀 △5四歩 ▲3五歩 △3二飛 ▲2四歩 △同 歩
▲3四歩 △同 銀 ▲3八飛 △4五歩 ▲3三角成 △同 飛
▲8八角 △4六歩 ▲3三角成 △4七歩成 ▲同 銀 △3七歩
▲同 飛 △3六歩 ▲3四馬 △3七歩成 ▲同 桂 △3九飛
▲4一飛 △8八銀 ▲同 玉 △6九飛成 ▲7九銀 △5一金打
▲2一飛成 △4六歩 ▲6八金 △同 龍 ▲同 銀 △4七歩成

 

  _______________________________

角の利きを忘れないで…!

では、次の局面、

後手有利の展開だが、次に後手が受けずにいると、

▲7四桂打で、先手が逆転して有利になる。

f:id:mayaobird:20190209054839g:plain

 

 

よって、後手は△6四歩と受けるのが正解。

f:id:mayaobird:20190209055224g:plain

△6四歩 ▲同角 △6三金▲6一飛成 △同銀 ▲4六角 △5八歩成

まさに格言にある「大駒は近づけて受けよ」とは、このこと。

角を引き付けてから、高美濃囲いに組めば、後手は受かる。

 

 

以下は初手から△5八歩成までの棋譜
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲2五歩 △3三角
▲4八銀 △4二飛 ▲6八玉 △7二銀 ▲7八玉 △9四歩
▲9六歩 △6二玉 ▲5八金右 △3二銀 ▲5六歩 △7一玉
▲6八銀 △5二金左 ▲5七銀左 △8二玉 ▲3六歩 △4三銀
▲4六銀 △5四歩 ▲3五歩 △3二飛 ▲2四歩 △同 歩
▲3四歩 △同 銀 ▲3八飛 △2二角 ▲5五歩 △同 歩
▲同 銀 △4三銀 ▲3二飛成 △同 銀 ▲4四銀 △2八飛
▲5四歩 △2九飛成 ▲3三歩 △同 角 ▲同銀成 △同 桂
▲3一飛 △5七歩 ▲同 銀 △4三銀打 ▲3四歩 △4五桂
▲4六銀 △5七歩 ▲6八金寄 △5六桂 ▲4五銀 △6八桂成
▲同 金 △3八龍 ▲5五角打 △6四歩 ▲同 角 △6三金
▲6一飛成 △同 銀 ▲4六角 △5八歩成

 

  _______________________________

おススメ書籍

今回の特集は以上です。

しかし、美濃囲いについて、知らなければならないことはまだある。

 

 

もし、もっと美濃囲いの受けについて知りたければ、

コチラの本を読んでみることをおススメする。

美濃囲いを極める77の手筋 (マイナビ将棋BOOKS)

今回の記事で紹介した、基本的なことや、細かいところまで、

様々な局面をカバーしている。

また、美濃囲いにおける端攻めの受け方についてもしっかり書かれているので、

端攻めに苦しんでいる方にもおススメだ。

 

 

振り飛車党のパートナーとも呼べる美濃囲いを

より知ることで、振り飛車の可能性を広げることができる。

 

 

振り飛車の序中盤の定跡は、たいてい分かったという方なら、

次は美濃囲いを学んでみてはどうだろうか…?

 

 

また、四間飛車の序中盤を学びたいという方は、こちらもどうぞ↓

「次の一手」で覚える 四間飛車定跡コレクション404 (マイナビ将棋文庫)

居飛車戦の基礎を覚えるにはうってつけの一冊だ。

 

(記事に関するご要望、ご意見、内容の間違いや誤字・脱字等ありましたら、

 コメントにてどうぞ。)