ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00と17:00に毎日更新。

四間飛車の角交換!そのタイミングは…?【角交換四間飛車VS4六銀右急戦】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190106230614p:plain

どうも!

 

 

今回は角交換四間飛車の研究です!

 

 

では、さっそく盤面を見ていきましょう!

f:id:mayaobird:20190106225312g:plain

先手は四間飛車ですね。

ノーマル四間飛車では▲6六歩としてから、

4筋に飛車を振ります。

 

 

しかし、角交換四間飛車では、

▲6六歩とせずに、飛車を振ります。

 

 

では、後手が△4二玉とした局面、

先手はさっそく仕掛けます…!

 

 

2二角!

f:id:mayaobird:20190106225343p:plain

角交換です!

 

 

では、その後の展開を見てみましょう!

f:id:mayaobird:20190106225507g:plain

 

なぜ、△4二玉のタイミングで、角交換をするのか…?

 

それは、後手に△同銀とさせて、

壁銀をつくらせるためです!

 

 

△3二玉のタイミングで、角交換をしてしまったら、

同玉とされて、その後は穴熊などに組まれてしまいますね。

 

 

後手の囲いの選択肢を減らすためにも、

先手は、▲2二角成△同銀の変化にしていきたいですね。

 

 

以下は参考までの棋譜です↓
▲7六歩 △3四歩 ▲6八飛 △8四歩 ▲4八玉 △4二玉
▲2二角成 △同 銀 ▲8八銀 △3二玉 ▲7七銀 △6二銀
▲3八玉 △1四歩 ▲1六歩 △8五歩 ▲2八玉 △5二金右
▲3八銀 △7四歩 ▲4六歩 △5四歩 ▲5八金左 △2四歩
▲4七金 △2三銀 ▲3六歩 △2二玉 ▲2六歩 △3二金
▲5六歩 △5三銀 ▲3七桂 △3三桂 ▲8八飛 △6四銀
▲6六銀 △7三桂 ▲7七桂 △4四歩 ▲9六歩 △4二金右
▲9五歩

 

 

今回は以上!