ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00に毎日更新。

立石流は角打ちに弱い…?【立石流四間飛車VS居飛車舟囲い】

スポンサーリンク

f:id:mayaobird:20190106003442p:plain

どうも!

 

 

今回は立石流四間飛車の研究です!

 

 

では、さっそく盤面を見ていきましょう!

f:id:mayaobird:20190106002500g:plain

角交換をしたタイミングで、

後手居飛車立石流四間飛車にとって嫌な位置に角を打ちたいです。

 

 

では、後手はどこに角を打つべきでしょうか…?

 

 

2四角打!

f:id:mayaobird:20190106002528p:plain

5七の歩を狙うのが後手良しです!

 

 

では、その後の展開を見ていきましょう!

f:id:mayaobird:20190106002648g:plain

先手は4六角打で、角合いをしました。

 

 

しかし、その後の☖5五角打が、先手にとって痛いです。

これは、先手の浮き飛車を封じる狙いもありますね。

 

 

立石流を指す際、

たいてい、立石流の方が一歩損をしてしまします。

 

 

おそらくこういった理由で、

プロ間では、あまり指されないのでしょうね。

 

 

しかし、この展開であれば、実際にはまだ難しいので、

立石流はアマチュア間では活躍できそうです。

 

 

以下は参考までの棋譜です。
▲7六歩 △3四歩 ▲6八飛 △4二玉 ▲6六歩 △3二玉
▲1六歩 △8四歩 ▲4八玉 △8五歩 ▲7五歩 △8六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲7八金 △6二銀 ▲6五歩 △5四歩
▲3八玉 △5二金右 ▲2八玉 △8二飛 ▲3八銀 △5三銀
▲2二角成 △同 銀 ▲8八銀 △2四角 ▲4六角 △同 角
▲同 歩 △5五角 ▲4八飛 △6六角 ▲5八飛 △7五角
▲7七桂 △7四歩 ▲5六歩 △6六角 ▲4五歩 △7三桂
▲4六角 △6二金 ▲8七銀 △3三角 ▲5九飛 △8一飛
▲7六銀 △4二金 ▲6七銀 △8八歩 ▲8七歩

 

 

今回は以上!