ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00に毎日更新。

7五歩をついているなら、7筋から攻めよう!【7六銀型四間飛車VS居飛車舟囲い】

スポンサーリンク

どうも!

 

 

今回は7六銀型四間飛車研究です!

 

 

では、さっそく盤面を見ていきましょう!

f:id:mayaobird:20181226015704g:plain

先手7六銀四間飛車

後手は舟囲いでしたが、

角交換をして、さらに別の囲いへと変化しようとしていますね。

 

 

では、この局面、

後手の囲いが薄いうちに、

先手は攻め手を指したいですね。

では、その手とは…?

 

 

8五桂!

f:id:mayaobird:20181226015825p:plain

 

後手が8筋の歩を突いていないのが、チャンスです!

 

 

では、その後の展開を見ていきましょう!

f:id:mayaobird:20181226015846g:plain

先手は7五歩を突いているので、

7筋がとても攻めやすいです。

 

 

また、後手が8五桂を指して、桂馬を逃がそうとしても、

7六の銀が桂馬を拾えるのが良いですね。

 

 

今回は以上!