ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00と17:00に毎日更新。

振り飛車党が居飛車を指すと、囲いが独特になりがち【ノーマル四間飛車VS4五歩早仕掛け?】

スポンサーリンク

どうも!

 

 

今回は振り飛車研究です!

…と言いたいのですが、

実は、振り飛車党が振り飛車を指せなかった場合の研究です!

 

 

とりあえず、さっそく盤面を見ていきましょう!

f:id:mayaobird:20181225023107g:plain

後手は4三銀を先に指して、

先手の4四角を防ぎました。

 

 

しかし、先手は飛車先の歩を交換していきます。

 

 

後手は振り飛車党なら、3三角を指したいですが、

それでは、先手にをつくられてしまいます。

 

 

では、どうするべきか…?

 

 

7二銀!

f:id:mayaobird:20181225023132p:plain

銀で、龍をつくらせないようにしましょう!

 

 

では、その後の展開を見ていきます!

f:id:mayaobird:20181225023144g:plain

後手は振り飛車を指せなくて、残念ですが、

居飛車でなかなかいい形にすることができましたね。

囲いも舟囲いとは少し違いますが、十分でしょう。

 

 

対する先手は4五歩早仕掛けを相手にしているようなイメージでしょうか…?

 

 

このように、振り飛車を指したくても、

指せない状況になることがあるので、

少なくとも、対抗型なら居飛車も指せた方が良さそうですね!

 

 

今回は以上!