ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00と17:00に毎日更新。

金無双が弱いなんて言わせない!!【向かい飛車VS三間飛車】

スポンサーリンク

どうも!

 

 

今回は振り飛車研究です!

 

 

では、さっそく盤面を見ていきましょう!

f:id:mayaobird:20181218205442g:plain

先手向かい飛車×金無双

後手三間飛車×金無双の戦形になりました。

 

 

互いに金無双を組む展開です。

 

 

金無双は相振り飛車でよく見られますが、

正直、弱い囲いと言われることが多いです。

 

 

その理由は、

やはり、玉の隣の銀が壁銀となって、

玉の逃げ道をふさいでしまうことでしょう…。

 

 

そこで、後手はこの銀を活用するために、

ある手を指します。

その一手とは…?

 

 

9三銀!

f:id:mayaobird:20181218205529p:plain

銀を端に移動させました!

 

 

いったいこれにはどういう意味があるのでしょう…?

 

 

では、その後の展開を見てみましょう!

f:id:mayaobird:20181218205540g:plain

後手の銀が8四にあがりましたね。

 

 

先手にとって、飛車と銀の位置が近いのは怖いので、

8五歩を打ちました。

 

 

しかし、これは後手が先手に歩を打たせたようなものですね。

 

 

それに9三の銀は、

しっかりと飛車先を守っています。

 

 

このように、壁銀になりやすい銀を、

うまく活用していくのが、

金無双のコツですね!

 

 

今回は以上!