ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00と17:00に毎日更新。

ひねり飛車の対策を知ろう!【ひねり飛車VS向かい飛車】

スポンサーリンク

どうも!

 

 

今回はひねり飛車対策です。

 

 

では、さっそく盤面を見てみましょう!

f:id:mayaobird:20181204233404g:plain

ひねり飛車とは、2筋の歩を突いた後に、

2六飛として、浮き飛車の状態になって、

それから、3六飛として、

相手の3筋の歩を取る戦法です。

 

 

これをされた方は、

歩損してしまうので、

正直、嫌ですね。

 

 

しかし、きちんとその対処の仕方を知っていれば、

怖くありません。

 

 

では、先手3六飛とした時、

後手は振り飛車党としてどう指すべきか…?

 

 

2二飛!

f:id:mayaobird:20181204233424p:plain

向かい飛車が有力です!

 

 

では、その後の展開を見てみましょう!

f:id:mayaobird:20181204233449g:plain

後手は序盤で歩損を許してしまいましたが、

駒の形で言えば、後手の方が整っていますね。

美濃囲いも組んでいるので、後手の方が玉は固いです。

 

 

さらに、手番も後手なので、

次に2八角を打てば、攻めることもできそうです。

 

 

なので、局面は

後手向かい飛車が若干有利ですね。

 

 

今回は以上!