ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00と17:00に毎日更新。

角交換のタイミング…間違ってはいませんか?【4六銀左急戦VSノーマル四間飛車】

スポンサーリンク

どうも!

 

 

今回は4六銀左急戦対策です。

 

 

まずは角交換の定跡を確認しましょう!

f:id:mayaobird:20180903234001g:plain

先手が飛車を3八とした瞬間、

後手振り飛車が、4五歩をついて角交換を迫りました。

 

 

しかし、この角交換のタイミング…、あんまりよくありません。

 

 

もっといいタイミングでの角交換があります。

 

 

それはどこでしょうか?

 

 

先ほどの定跡の途中、先手居飛車が3五歩とした場面、ここで…

f:id:mayaobird:20180903234112p:plain

 

 

4五歩!

f:id:mayaobird:20180903234132p:plain

この時こそが、角交換、絶好のタイミングです!

 

 

では、先ほどの展開とどう違うのか?

それを見ていきましょう!

f:id:mayaobird:20180903234053g:plain

後手の桂馬が3七にある時、

先手の銀は死んでいますね!

 

 

この局面なら、後手が500点ほど有利です。(技巧の評価値)

 

 

角交換のタイミングで局面が有利に運べるのが、

振り飛車の醍醐味であり、難しいところでもありますね!

 

 

今回は以上!