ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00と17:00に毎日更新。

引き角には棒銀のカウンターを狙え!【クルクル角VSノーマル四間飛車】

スポンサーリンク

どうも!

 

 

今回はクルクル角対策です。

 

 

では、さっそく序中盤を見ていきましょう!

f:id:mayaobird:20180826123420g:plain

先手居飛車の2四角に対して、

後手振り飛車が2二飛とするのは定跡ですね。

 

 

そして、先手居飛車が2五歩としたところで、

後手振り飛車にはカウンターを準備する一手があります。

 

 

3五歩!

f:id:mayaobird:20180826123449p:plain

この手には一体、どんな意味があるのでしょう?

 

 

少し先の展開を見てみましょう!

f:id:mayaobird:20180826123527g:plain

先手は角交換から、馬をつくることに成功しました。

 

 

しかし、後手振り飛車は3四の場所に銀があります。

 

 

見てわかるように、棒銀の陣形ですね。

 

 

後手の飛車と銀の攻めが、先手陣をにらみます。

 

 

実際に、この局面では後手が若干有利です。

 

 

今回は以上!