ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00と17:00に毎日更新。

四間飛車による浮き飛車のとがめ方【4六銀右急戦VSノーマル四間飛車】

スポンサーリンク

どうも!

 

 

今回は4六銀右戦法対策です。

 

 

その名の通り、右の銀が4六の位置まで来る戦法ですね。

 

 

じゃあ早速、盤面から!

f:id:mayaobird:20180801160935g:plain

先手居飛車は2六飛として、浮き飛車の体勢です。

これは、3七桂の頭を守る働きをしています。

 

 

しかし、後手四間飛車は、これをとがめることができます。

 

 

まずは、開戦までの流れを見ていきましょう!

f:id:mayaobird:20180801161015g:plain

 

 

急戦なので、先手居飛車から攻めてきます。

 

後手振り飛車は、先手の浮き飛車をとがめるための準備をします…

 

 

4二角!

f:id:mayaobird:20180801161027p:plain

落ち着いて角を引きましょう!

 

 

先手居飛車は、3四歩として取り込むのが自然ですが、

後手振り飛車はそれに対して、どうするか…

 

 

5三角!

f:id:mayaobird:20180801161036p:plain

次に後手振り飛車は、4五歩として、

飛車銀の両取りを狙っています。

 

 

これで、先手浮き飛車をとがめましょう!

 

 

今回は以上!