ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00と17:00に毎日更新。

展開は居飛車の受け次第【棒銀VSノーマル四間飛車】

スポンサーリンク

どうも!

 

今回も棒銀対策を見ていきましょう!

 

 

前回の局面です。

f:id:mayaobird:20180701195158p:plain

振り飛車が4四角で攻勢に出た場面ですね。

 

 

ここから、居飛車側は2つの受け方があります。

①7七桂馬

f:id:mayaobird:20180701195302p:plain

 

 

②6六銀

f:id:mayaobird:20180701195342p:plain

 

 

今回は①7七桂馬を見ていきましょう!

 

 

 

7七桂馬を見た振り飛車は、

5五歩とします。

f:id:mayaobird:20180701195411p:plain

 

この手は、

同歩とされたときに、

5五角と出られるのがいいですね。

f:id:mayaobird:20180701195450p:plain

5五角とできれば、

香車を取ったり、3七歩として、飛車の通り道をふさいだりできますね。

 

 

居飛車は5五角が嫌なので、同歩とせず、

4五銀とします。

f:id:mayaobird:20180701195515p:plain

 

 

 

 

振り飛車はノータイム同桂馬でOKです。

居飛車もすぐに3一飛車成りで来るでしょう。

f:id:mayaobird:20180701195815p:plain

振り飛車側は、次に桂馬で銀をとれます。

居飛車側は、飛車が成ることができました。

 

 

互いの主張が通っているので、

この時点では、ほぼ互角ですね。

 

 

今回は以上です。

次回は②6六銀の変化を見ていきます!