ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00と17:00に毎日更新。

穴熊を攻略せよ!【右四間飛車VSノーマル四間飛車】

スポンサーリンク

どうも!

 

今回も右四間飛車対策やっていきましょう!

 

今回は、穴熊対策です。

 

先手が穴熊に組んでいる間に、

こちらは高美濃囲いに組みましょう!

 

盤面はこんな感じです。

f:id:mayaobird:20180619021836p:plain

 

 

ここから、先手の攻め筋は2つあります。

①3七桂と跳ねる。

②3五歩と突く。

 

今回は3七桂の順を見ていきましょう。

 

f:id:mayaobird:20180619021645p:plain

 

 

先手3七桂に対して、後手も攻めの姿勢を見せます。

 

8五桂!

f:id:mayaobird:20180619021705p:plain

 

相手は8六角とします。

 

f:id:mayaobird:20180619021914p:plain

この8六角は、一見、桂馬から逃げただけの手に思えますが、

①桂馬を避ける。

②9七の地点を守る。

③将来、5三の地点の攻めを狙っている。

 

3つの意味を含んだいやらしい手です。

 

 

そして、こちらは8四歩で、対抗します。

 

f:id:mayaobird:20180619021929p:plain

8四歩は、

①桂馬にヒモをつける

②将来、銀冠に組めるようする

2つの狙いがあります。

 

 

ここからの構想は…、

 

ノーマル四間飛車側は、

①端攻めをしながら、

②角の4五歩をついて角のにらみを利かせる。

上の2つを意識しながら攻めていきましょう。

 

 

 

対する右四間飛車側は、2つの筋を狙ってきます。

①振り飛車の角をいじめる。

②角の効きを利用して、5三や、6四の地点を攻める。

 

振り飛車側は、この2つを警戒しながら、穴熊を突破していきましょう!

 

以下は、その後の展開です。

 

 

先手が6四を攻めて…

f:id:mayaobird:20180619022516p:plain

 

 

後手は端攻めをし、先手は角を狙う

f:id:mayaobird:20180619022544p:plain

 

 

後手は4五歩として、角を効かせる

f:id:mayaobird:20180619022607p:plain

 

 

 

今回は以上です!