ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00、2日に1回更新。

矢倉

歩をとらせるテクニックを意識しよう!【矢倉VSノーマル四間飛車】

本記事は矢倉研究です。 先手矢倉 後手ノーマル四間飛車&高美濃囲いの対局です。 先手は引き角戦法で攻めてきますが、 後手はしっかり受けます。 後手△5五歩の局面、 先手は▲同歩とすべきか、どうか…? では、その後の展開です。 後手に△5六歩で歩をとら…

美濃囲いは銀立ち矢倉で崩せる!【矢倉VS三間飛車】

本記事は三間飛車対策です。 先手矢倉 後手三間飛車&美濃囲いの対局ですね。 後手は駒組みをほぼ完成させましたが、 先手はまだまだ発展できそうですね。 では、どのように発展させるか…? その後の展開を見ていきましょう! ▲6六角から、銀立ち矢倉を組ん…

矢倉を飛車打ちで討つ!【三間飛車】

本記事は矢倉対策です。 先手矢倉 後手三間飛車&美濃囲いの対局です。 先手は雁木囲いから、 矢倉へ組み替えていきます。 後手は△3六歩としますが、 この狙いは何でしょうか…? では、その後の展開を見ていきます。 後手△3六歩に、 ▲同歩△同飛▲3七歩打△…

矢倉で三間飛車を討ち取ろう!【対抗系将棋】

本記事は三間飛車対策です。 先手三間飛車 後手矢倉の対局です。 先手が▲7七桂としているので、 後手は△4五歩でしっかり角道をあけます。 これで、先手の桂馬をにらんでおきましょう。 そして、先手が▲9七角とした時、 後手はどんな手を指すべきでしょう…

引き角されても、もう困らない!【ノーマル四間飛車VS矢倉】

本記事は引き角戦法対策です。 先手ノーマル四間飛車&高美濃囲い 後手引き角戦法&矢倉ですね。 △8六歩▲同歩△同角▲8八飛△8五歩▲6六角は、 引き角戦法の定跡ですね。 対する先手はどう対応するのか…? では、その後の展開を見ていきます。 ▲7七桂で角頭…

4八金型四間飛車の強みは端攻め?【ノーマル四間飛車VS矢倉】

本記事は4八金型四間飛車の研究です。 先手4八金型四間飛車 後手は矢倉に組み替えている場面です。 今回は▲1八香から、▲1九飛の展開を見ていきます! まず、先手は香車を持ち駒にした時、 ▲8六香打で、後手飛車を狙います。 先手は飛車の横利きに注意し…

矢倉に勝つイメージはこんな感じ【ノーマル四間飛車VS矢倉】

本記事は矢倉対策です。 先手ノーマル四間飛車&高美濃囲い 後手矢倉です。 まず矢倉相手には▲2五桂としましょう。 また、▲2五桂とする前に、▲2六歩で、 桂馬にヒモをつけておくのが良いですね。 ▲2五桂△2四銀とすすめば、先手が有利の展開になります。…

銀立ち矢倉は実は強い…?【筋違い角VS銀立ち矢倉】

本記事は筋違い角対策です。 先手筋違い角 後手居飛車です。 先手は高美濃囲いを組みます。 対する後手は矢倉を組みます。 その後に、銀立ち矢倉に組んで、△3三桂とします。 さらに△5五角で、先手玉をにらみます。 以下は続きです。 後手の△8八歩打が好手…

対矢倉!さばいて飛車交換が勝利への道!【ノーマル四間飛車VS矢倉】

本記事は矢倉対策です。 先手ノーマル四間飛車&高美濃囲い 後手矢倉の対局です。 △8六銀で、後手の攻めが止まらない局面、 先手にはカウンターの一手があります。 それはどんな一手でしょうか…? 7六飛! 大胆に飛車を交換していきます。 これぞ、振り飛…

駒の損得じゃない!形の良し悪しで指してみよう!【三間飛車VS矢倉】

本記事は三間飛車研究です。 先手三間飛車 後手居飛車です。 後手△6四歩に対し、 先手▲同飛の展開となりました。 一見、後手の歩がタダで取られたように見えます。 では、この△6四歩は悪手だったのでしょうか…? では、その後の展開を見ていきます! 後手…

四間飛車で矢倉との攻め合いに勝つには…?【矢倉VSノーマル四間飛車】

本記事は矢倉対策です。 先手矢倉 後手ノーマル四間飛車&高美濃囲いです。 後手が8筋のを突いて、仕掛けます。 △8五歩▲同歩△同桂で、先手の角があぶないので、 先手は同歩としづらいです。 では、先手は、どうすべきか…? △2四歩! 飛車先から攻めていき…

先手矢倉▲5六金の可能性…!?【矢倉VSノーマル四間飛車】

本記事は矢倉対策です。 先手矢倉&棒銀 後手ノーマル四間飛車&高美濃囲いの対局です。 先手は▲5六金としていますが、 この狙いは何でしょうか…? 5五歩! 歩で、後手の角の利きを遮断するのが狙いでした! では、その後の展開を見ていきます! ▲5六金の…

6七金型メリケンの弱点を知っておこう!【メリケン向かい飛車VS矢倉】

本記事はメリケン向かい飛車研究です! 先手メリケン向かい飛車 後手矢倉の対局ですね。 先手は6七金型メリケン向かい飛車ですね。 先手が8筋から攻めている局面、 後手の持ち駒には、歩と銀があります。 この時に、後手には用意の一手があります。 それは…

高美濃囲いの終盤術!安定した受けのワザを身に着けよう!【矢倉VSノーマル四間飛車】

本記事は高美濃囲いの受けの研究です! 先手矢倉 後手高美濃囲いですね。 先手の馬が、後手の囲いの金に当たっています。 この局面で、後手が安全に受ける一手は何でしょうか…? 5二歩! 歩で馬の利きを遮断しましょう! では、その後の展開を見ていきます…

引き角戦法に対する四間飛車のさばきのコツ【矢倉VSノーマル四間飛車】

本記事は矢倉VSノーマル四間飛車の研究です。 先手矢倉 後手ノーマル四間飛車ですね。 先手は引き角戦法で、 2筋を攻めてきました。 先手が▲2五歩打とした局面、 後手には△5三金で、銀にヒモをつけるような一手が考えられます。 しかし、今回は他の手を…

(3二金型)7八金型四間飛車の強みは桂馬の活用!【ノーマル四間飛車VS居飛車】

本記事は7八金(3二金)型四間飛車の研究です。 先手四間飛車 後手居飛車ですね。 後手の△8五歩に対して、先手は▲7七角とするのが通常ですが、 今回は△8五歩に対して、▲7八金としました。 その後は後手に歩をタダで拾われて、先手不利に見えますが、 …

矢倉の桂馬は早々に跳ねない方がよい【矢倉VS三間飛車】

本記事は矢倉対策です。 先手はこれから矢倉に組もうとしています。 一方後手は三間飛車ですね。 先手は序盤、振り飛車かもしれないという動きを見せながら、 結局は居飛車でした。 先手は序盤で囲いの桂馬を跳ねています。 この序盤の桂跳ねは、桂頭を狙わ…

筋違い角×四間飛車を対策する…!【筋違い角四間飛車VS矢倉】

本記事は筋違い角四間飛車の研究です! 先手筋違い角四間飛車 後手矢倉ですね。 筋違い角はプロ間では、ほとんど指されませんが、 アマチュア間では、よく見かけるので、 しっかり対策を練っておきましょう! 筋違い角を相手にしたとき、 序盤で、歩を取られ…

矢倉棒銀を押さえ込む!振り飛車党なら5筋の歩を交換せよ!【ノーマル四間飛車VS棒銀】

本記事は矢倉棒銀対策です! 先手ノーマル四間飛車 後手矢倉棒銀です。 では、後手が△2二玉とした場面、 先手が指すべき手は何でしょうか…? これは感覚で分かると良いですね! 5五歩! では、その後の展開を見ていきます! ▲5五歩△同歩▲同角で、 後手は…