ノーマル四間飛車!超研究所!

四間飛車を愛する管理者のブログ。四間飛車以外の記事もUPします。電車の中で読めるようなお手頃記事がモットー。日本時間の7:00、2日に1回更新。

6四角打の展開と2三飛成の受け方【ポンポン桂VSノーマル四間飛車】

本記事はポンポン桂対策です。 先手ポンポン桂&舟囲い 後手ノーマル四間飛車&美濃囲いです。 先手は▲4五桂で、桂馬を捨てて、 一気に強襲をかけていきます。 対する後手も攻めていきたいです。 では、今回は△6四角打の展開を見ていきます。 先手の▲2三飛…

鷺宮定跡プラス鳥刺しを受けられるか…?【鷺宮定跡VSノーマル四間飛車】

本記事は鳥刺し&鷺宮定跡の対策です。 先手鳥刺し&鷺宮定跡 後手ノーマル四間飛車&美濃囲いの対局です。 先手の角が利いていなければ、 ▲3五歩△同歩▲4六銀△3四銀でいいのですが、 今回はそうはいきませんね。 では、先手▲3五歩に対して、 後手はどうすべ…

端玉銀冠をダイヤモンドで砕け!【ノーマル四間飛車VS引き角戦法】

本記事は端玉銀冠対策です。 先手ノーマル四間飛車&ダイヤモンド美濃 後手端玉銀冠&引き角戦法です。 60手目まで、互いに悪手なく進みました。 後手は△4四歩で、角頭を狙ってきます。 対する先手は浮き飛車の形ですが、 この後、どう指すべきか…? では、…

鳥刺しと鎖鎌銀の組み合わせが強い!?【鎖鎌銀VSノーマル四間飛車】

本記事は鎖鎌銀対策です。 先手鎖鎌銀&鳥刺し 後手ノーマル四間飛車&美濃囲いの対局です。 先手が鎖鎌銀&鳥刺しで攻めてきます。 この戦法を組み合わせるメリットは、 後手が△2五歩としたとき、 先手は▲同銀とできることですね。 そのまま、先手は2筋の攻…

四間飛車で雁木を討つ!

本記事は雁木囲い対策です。 先手ノーマル四間飛車&美濃囲い 後手雁木囲いの対局です。 後手は△2四角から△4六角で、歩を取ってきました。 対する先手は7筋を攻めようとしますが、 後手△7三歩打で受けられてしまいます。 では、この時の先手は、どう指す…

棒銀対策!7五のカウンターを意識した角の遮断!【ノーマル四間飛車VS棒銀】

本記事は棒銀対策です。 先手ノーマル四間飛車&高美濃囲い 後手棒銀対策です。 先手は▲5五歩から△同歩▲同角を狙いますが、 後手はその順が嫌なので、▲5五歩を無視して△7四飛で8四の銀にヒモをつけます。 では、後手△6五桂の局面、 先手はどうするべきか…

振り飛車で有利に戦え!【4五歩早仕掛けVSノーマル四間飛車】

本記事は4五歩早仕掛かけ対策です。 先手4五歩早仕掛け&舟囲い 後手ノーマル四間飛車&高美濃囲いの対局です。 先手▲4五歩には△同歩とせず、△6三金で先手の攻めを待ちます。 その後は▲4四歩△同銀▲4五歩打△同銀▲同桂△同飛と進みます。 また、後手の△4七…

手がないときには△6四角打!【相振り飛車】

本記事は相振り飛車研究です。 先手立石流四間飛車 後手向かい飛車&美濃囲いの対局です。 後手△6四角打の局面です。 この角打ちの狙いは何でしょうか…? では、その後の展開を見ていきます。 後手△3四飛から、3筋を攻めていきます。 △1九角成から、香車…

居玉中飛車を懲らしめる!【相振り飛車】

本記事は相振り飛車研究です。 先手向かい飛車 後手ゴキゲン中飛車の対局です。 後手△1八歩打の局面、 先手はこの歩をどうすべきでしょうか…? また、後手の居玉を 先手はどうとがめるべきか…? その後の展開を見ていきましょう! まず▲2八銀で、後手の△1…

△2四歩居飛車穴熊への対策【藤井システムVS居飛車穴熊】

本記事は居飛車穴熊対策です。 先手藤井システム 後手居飛車穴熊の対局です。 後手は△2四歩とします。 これは先手の▲2五歩を警戒しての一手ですね。 これに対して、先手は▲3五歩とします。 ここから、先手は居飛車を上から押しつぶしていきます。 では、…

引き角戦法を懲らしめる!【ノーマル四間飛車VS天守閣美濃】

本記事は引き角戦法対策です。 先手ノーマル四間飛車&美濃囲い 後手引き角戦法&天守閣美濃の対局です。 △8六歩▲同歩△同角▲8八飛△8五歩打▲6五歩まで進みました。 この順は、対引き角の定跡なので覚えておきましょう。 では、その後の展開を見ていきます。…

こびん攻めと角打ちのシナジー!【相振り飛車】

本記事は相振り飛車研究です。 先手ゴキゲン中飛車&片美濃囲い 後手向かい飛車&右矢倉の対局です。 後手から飛車角交換をした局面です。 後手は角を手駒にしたので、 いよいよ攻め方を決めたいです。 では、後手はどのように攻めるべきか…? その後の展開を…

振り飛車穴熊どう崩す?【美濃囲いVS四間飛車】

本記事は相振り飛車研究です。 先手美濃囲い&向かい飛車 後手振り飛車穴熊の対局です。 ここから先手は穴熊崩しを試みます。 では、先手の次の一手は何でしょうか…? その後の展開を見ていきましょう。 ▲8五桂から、先手は9三の地点を攻めます。 後手のこ…

システムの△8五桂!▲8六とすべきか?【居飛車穴熊VS藤井システム】

本記事は藤井システム対策です。 先手居飛車穴熊 後手藤井システムの対局です。 後手は定跡通り△6五歩で、 角を先手玉に利かせようとしてきました。 これに対し、先手はどう指すべきか…? では、その後の展開です。 素直に△6五歩には▲同歩とします。 仮に△…